脂質異常症

動脈硬化を起こし、心臓病や脳疾患につながる病気です。
生活習慣の改善が大切です。

脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)とは

脂質異常症とは、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が増え過ぎる病気です。

脂質異常症にある、主な3つのタイプ

1. 高LDLコレステロール血症(悪玉コレステロールが多いタイプ)
2. 低HDLコレステロール血症(善玉コレステロールが少ないタイプ)
3. 高トリグリセライド血症(中性脂肪が多いタイプ)

血液中のLDLコレステロールが多過ぎると、動脈の壁にくっついて、動脈が厚くなり、血管が狭くなります(動脈硬化)。
悪玉を抑える善玉のHDLコレステロールが少ないのも同様に問題となります。
中性脂肪の増加自体は、動脈硬化に直接つながるものではありません。
しかし善玉のHDLコレステロールを減らす作用があり、その分、悪玉であるLDLコレステロールが増えるので、間接的に動脈硬化を進行させてしまう原因となります。

脂質異常症の原因と症状

原因は運動不足やカロリーの高い食事の取りすぎなど、生活習慣が大きく影響します。

遺伝により、若いうちからLDLコレステロール値が高くなるケースもあります。

動脈硬化が進み、血管が狭くなったり詰まったりしない限り、自覚症状はほとんどありません。

脂質異常症の診断基準

脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

高LDLコレステロール血症 140mg/dℓ以上
低HDLコレステロール血症 40 mg/dℓ未満
高トリグリセライド血症 150 mg/dℓ以上

脂質異常症の検査方法

採血し、血中のコレステロール値や中性脂肪値を測定します。

脂質異常症の治療

運動療法や食事療法、内服治療を行います。

遺伝による「家族性高コレステロール血症」の場合は、さらにしっかり治療を行います。薬を服用し、注射による治療も行うことがあります。

院長からのメッセージ

脂質異常症の改善に一番大事なのは運動です。
適切な運動については診療の中で指導します。

お身体の不調・お悩みは
ご相談ください

地域に密着した"町医者"として、頼ってきてくださる患者様が、
元気で長生きしていただけるよう努めていきたいと思います。

診療時間 9:00~12:30/14:30~18:00 093-922-0278
inq_spimg01.png
医院ブログ医院ブログ