高血圧症

日本で一番多い病気。
生活習慣の改善を行いながら治療します。

高血圧症とは

高血圧症とは、体内を循環する血流のうち、動脈内の圧が高いことをいいます。

血圧が高くなることにより、血液を送り出す心臓の仕事量が増えて負担となり、血圧を受け止める血管が弾力を失ったり、血管の中が狭くなったりして動脈硬化が進みます。

日本人の3人に2人が高血圧の遺伝的素質を持っており、4千万人以上が高血圧といわれています。

高血圧症の自覚症状と注意点

心臓や血管に異常が生じない限りは、ほとんど自覚症状がありません。

血圧が高い状態が続くと、動脈硬化が進みやすく、心臓病や脳疾患、その他の血管の病気の原因になるので要注意です。

高血圧症の原因

遺伝的な要因と、生活習慣などの環境要因が複雑に関係して高血圧になるケースが大半です。
そのほか、腎臓の血管の異常、腫瘍など、特定の原因による場合も時々あります。

高血圧症の検査方法

血圧は心臓が1回収縮する度に変化するので、何度も血圧を測定し、平均で判断します。

高血圧症の診断基準

  • 病院での測定で

    収縮期血圧(上の血圧)が140mmHg以上、もしくは、拡張期血圧(下の血圧)が90mmHg以上

  • 家庭での測定で

    収縮期血圧(上の血圧)が135mmHg以上、もしくは、拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上

高血圧症の治療

初診では、高血圧症の成り立ちや合併症の有無、進行の度合いなどを種々の検査を含めて調べ、患者様に合った治療を行っていきます。

運動や食事など生活習慣の改善、内服治療が中心となります。

通常は改善の様子を見ながら段階に応じて投薬をしますが、患者様によっては最初から内服薬を使うこともあります。

よくある質問 Q&A

患者様からよく寄せられる「高血圧症」に関するご質問をまとめました。

Q

高血圧の原因は何でしょうか?

A

遺伝的な要因と、生活習慣などの環境要因が複雑に関係してできあがる高血圧が普通の高血圧です。そのほかにも腎臓の血管の異常、腫瘍など、特定の原因による場合も時々あります。初診では、高血圧症の成り立ちや合併症の有無、進行の度合いなどを種々の検査を行って調べます。

Q

高血圧の治療を受けているのですが、なかなか良くならないのですが…

A

背景に何らかの特殊な原因が関係していることがあり、種々の可能性を検討しながら治療してゆく必要があります。

Q

糖尿病にも関係すると聞いたのですが、本当でしょうか?

A

糖尿病だから高血圧になるということはありません。しかし、糖尿病そのものが高血圧症と同様に血管を傷害する要因であり、糖尿病を合併した高血圧症の場合は、より厳格に、より専門的に治療をする必要があります。

Q

家で簡単に血圧を測る方法はありますか?

A

家庭での血圧測定は、よりよい治療をするためには重要です。普段の血圧測定は市販の血圧計で行います。測定の方法や解釈の仕方もその方に合わせて診療の中で指導しますので、お気軽にご来院ください。

Q

高血圧の予防方法でおすすめの方法はありますか?

A

高血圧症の治療の中で指導する運動療法、食事療法などが予防法でもあります。運動療法についてもコツがあります。診療の中でその人に合わせた指導をする必要がありますので、気になる方はお気軽にご来院ください。

Q

お薬を飲み始めた場合、一生飲み続けなければいけませんか?

A

高血圧症というのは、長い年月をかけて出来上がってきた状態ですので、普通は血圧のお薬を飲んで血圧を下げることはできても、高血圧症そのものを治すことはできません。

ただ高血圧の程度や進行状況によっては、生活習慣の改善などで正常の血圧まで下がる場合もあり、内服量を減らしたり中止したりすることもあります。

ただ、中止まで行ける方はそれほど多くはありませんし、一時期中止していても再び内服が必要になる場合もあります。

院長からのメッセージ

当院では高血圧の治療に力を入れております。
高い血圧が長時間続くと様々な病気を引き起こす恐れがあるため、早めに受診しましょう。

お身体の不調・お悩みは
ご相談ください

地域に密着した"町医者"として、頼ってきてくださる患者様が、
元気で長生きしていただけるよう努めていきたいと思います。

診療時間 9:00~12:30/14:30~18:00 093-922-0278
inq_spimg01.png
医院ブログ医院ブログ