動脈硬化

生活習慣病が引き金になり、
心臓病や脳疾患にもつながる病気です。

動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈と呼ばれる血管が硬くなる状態をいいます。

血管の壁にコレステロールがたまったり、高血圧で血管に負担がかかったりすることで起こりやすくなります。血管弾力を失うことで詰まりやすくなり血液の流れが悪くなります。

動脈硬化が進むと脳卒中や狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤など生命に危険を及ぼす疾患の源となるので予防が大切です。

動脈硬化の症状

動脈硬化自体には自覚症状はありません。

動脈硬化によって引き起こされる病気によって、自覚症状が変わります。

下肢の血管が動脈硬化になると、歩行時に足に違和感や痛みがあります。

脳の血管の場合は認知症の原因になることがあり、心臓の血管の場合は狭心症や心筋梗塞を引き起こします。

動脈硬化の原因

生活習慣病が主な原因となります。

日本人で一番多いのは高血圧、次が糖尿病です。遺伝による高コレステロール血症や喫煙によっても発症しやすくなります。

動脈硬化の検査方法

CAVI検査
頸動脈エコー検査

などの検査で診断します。

動脈硬化の治療

運動療法や食事療法、内服治療を行います。

血管が詰まる場合には血管そのものを広げたり、血管と血管をつなぐ手術をすることもあります。

血管内治療や手術が必要になる可能性がある場合は、提携医療機関を紹介します。

栄養指導について

高血圧や脂質異常症(高コレステロールなど)、糖尿病といった生活習慣病の改善には、栄養指導が効果的です。

当院では、管理栄養士による完全個別指導で1回30分以上かけてアドバイスをさせていただきます。

「生活習慣病を根本から改善したい」「お薬の量を減らしていきたい」という方にもおすすめです。

  • 栄養指導(約30分・予約制) ※健康保険が適用できます

院長からのメッセージ

高血圧、高コレステロール血症など生活習慣病の治療は、すべて動脈硬化を防ぐために行っています。動脈硬化の原因となっている元の病気を治療することが一番大切です。

お身体の不調・お悩みは
ご相談ください

地域に密着した"町医者"として、頼ってきてくださる患者様が、
元気で長生きしていただけるよう努めていきたいと思います。

診療時間 9:00~12:30/14:30~18:00 093-922-0278
inq_spimg01.png
医院ブログ医院ブログ